2017最新シーズンのサッカードイツ代表ホーム半袖ユニフォーム

  今日は2017最新シーズンのサッカードイツ代表ホーム半袖ユニフォームを紹介させていただきます。

  まずはサッカードイツ代表の基本情報から述べます。設立: 1908 年監督: ヨアヒム・レーヴスタジアム: ベルリンオリンピックスタジアム、アリアンツアレーナ サッカードイツ代表の愛称はマンシャフト

  次は正題を回って新たなサッカーユニフォームをご覧ください。

デザイン概要分析:

◆白を基調とした今回のホームモデルは、世界王者に輝いた1990年ワールドカップのモデルがベースとなっています。

◆2018年ワールドカップ予選、そして2017年に予定されているコンフェデレーションズカップで着用することになる新キットであり、adidasの2017モデルはドイツが先陣を切って発表した形です。

◆新しいトレンドはいくつか確認でき、まずはV字の首元。このホームモデルでは、ドイツ国旗を成す三色が鮮やかに描かれています。

◆また、前回のモデルではadidasの象徴でもある“スリーストライプス”が脇下に入り大きな驚きとなったが、今回からそのデザインは肩に“復活”。スタイリッシュかつクラシカルなデザインになっています。

◆首元のV字と平行に、シャツ全体にVのようなマークも入っているようです。

◆首裏には、「チーム」を意味する”DIE MANNSCHAFT”のお馴染みの文字が加入しました。