「ワールドカップ ユニフォーム」タグアーカイブ

サッカードイツ代表のナショナルチームのエンブレム

サッカードイツ代表のナショナルチームのエンブレムについて

  ドイツのエンブレムは雄叫びをあげてガッツポーズをしているような鷹が中心に位置している。『権威』の象徴であり軍旗に使用され続けたモチーフだ。そのため、ドイツ代表チームの愛称も軍隊や兵士を意味する「Mannschaft(マンシャフト)」と呼ばれている。下部の三色は国旗のカラー(ブラック、レッド、イエロー)になっている。それはドイツの伝統的なカラーである。鷹の上部に三つの星がバランスよく入れている。もちろんは刺繍。それぞれはサッカードイツ代表の最高成績、つまり1954年、1974年、1990年のFIFAワールドカップ優勝を獲得した。また、鷹のモチーフは統一ドイツの国章にも採用され、新しいドイツを象徴するデザインとなっている。


また、協会章はドイツサッカー協会を意味する「Deutscher Fussball-Bund」の頭文字D・F・Bを合わせたもの。
このデザインは50年以上前に考案されたものだが、実際に使用されるようになったのは2002年からである。補足:2014ブラジルw杯の優勝はサッカードイツ代表である。2018ロシアW杯のサッカードイツ代表の素晴らしい表現を一緒に楽しみましょう。